照射について

およそ50%による照射の10回、毛期間(90%×およそ70%のまわりで言われません)に、集まります。
適切な熱容量(毛を取り出すことができる距離)でそれに照射する3つの時代の照射による5回の照射(それが密度のおよそ80%になって、それに照射すると仮定する、100%→80%→64%→51%→41%→33%→26%→21% →17%→ 3%→11%でかつてあります)。
たとえこのものから考えるとしても、本当の無毛で苦しみません。
そして、産毛は残されます。
視覚的にほとんど無毛である国に着くつもりであるならば、照射15回以上は必要です。
体の場合、2-3ヵ月でかつてペースで狙いでおよそ5-12の時代を放射線にさらすことは、望ましいです。
男の顔口ひげの場合、わずかに短いサイクルに月に一度およそ10-12の時代をしばしば放射線にさらします。

毛期間とそれのサイクルの下で毛を取り出すことが再び皮膚の回復を待つのに必要であることが必要であるので、体の場合、それが顔口ひげであるとき、2-3ヵ月ごとに唯一の月ごとの期間でそれをすることが必要です。
湿気保持を怠って、日焼けをしたとき、それはこの制限でありません。
より効果的に予算と時間なしでケースを含むほとんど脱毛回数で毛を取り出さなくしたいとき、より長く期間をとることによって、より多くの毛で毛を取り出すことができます(体が2-3ヵ月おきに4-6ヵ月と顔口ひげである、狙い)。

痛みについてレーザー脱毛について