肌を傷つけずにデリケートゾーンをキレイにする方法

アンダーヘアがはみ出さないように自己処理するのは女性なら誰もが試されたことだと思います。
確実な方法ならエステやレーザー脱毛、家庭用脱毛器といった方法はありますが、どれもお金がかかるので、そう何度も試せません。
そうなるとやはり、毛抜きやカミソリで処理してしまいますよね。
デリケートゾーンの周り、アンダーヘアの処理となれば、恥ずかしくて人に言えないままでいる方もいることでしょう。
友達に相談するのも難しい問題なので、ついつい自己流で済ませてしまいがちです。

しかし、これはただ剃ればいいというわけではありません。
剃り跡を綺麗にするために「逆剃り」をしている方が多いですが、これはかえって危険です。
なぜなら皮膚が傷つき、埋没毛の原因になってしまうからです。
綺麗に見せるために剃っているのに、埋没毛の黒いブツブツが出来てしまっては本末転倒ですよね。

「じゃあ抜けばいいじゃない」とお思いかもしれませんが、これは剃るよりずっと危険です。
毛抜きで抜いた跡が炎症を起こして盛り上がり、毛穴も開いたままになります。
まさに雑菌に対して入口を開きっぱなしの状態ですね。これをそのままにしておくとかゆみやできもの、ニキビの原因になってしまいます。
かゆいからといって掻いてしまうと、肌が傷ついて黒ずみを招いてしまう恐れだってあります。

では、デリケートゾーンの肌を傷つけずにアンダーヘアを処理するにはどうすればいいのでしょうか。
そのためにはまず、蒸しタオルなどを当てて、毛穴を広げてあげると剃りやすくなります。
剃りたい毛をはさみやヒートカッターであらかじめ短くカットしてあげるとより効果的です。

剃る時は、周りの肌を手で軽く引っ張りながら剃ってあげてください。
肌がたるんでいる状態だとブレてうまく剃れません。

剃った後の肌は弱っているので、必ず保湿して休ませてあげてください。
デリケートゾーンの肌は他の部分の肌と比べてずっと繊細に出来ているのでなおさらです。

そして、保湿する時はデリケートゾーン用のソープを使うことをお勧めします。
物によっては毛穴を引き締めたり、アンダーヘアの質感をやわらかくしてくれることもあるので、ご自分が今必要としている効果に合わせて選ぶと良いでしょう。

アンダーヘアのお手入れはデリケートゾーン全体に関わってくる問題なので、剃らなければいけない時はきちんと準備をしてあげてください。
アンダーヘアの処理は最後のスキンケアも含めてワンセットです。

それに、デリケートゾーン用のソープの役目は肌のアフターケアだけではありません。
たとえば夏場になると、蒸れや臭いが気になってくると思いますが、あらかじめ専用のソープで洗って保湿をしっかりしておけば、見違えるようにストレスが和らぎます。