ケアについて

処置の前に、できればよく皮膚のありさまをよく化粧品で「湿気保持」をすることのそばに置いておくことができます。
そのうえ、十分な日焼けに注意することが、必要です。
必要(しかし、あなたは、外科手術日にチタンを含む際に、「金属日焼けローションを含めて」を付けてはいけません)で、その湿気が保持で、特に顔の場合将来のトラブル(火傷と乾燥皮)を引き起こさないためにそれを保存するよう、日焼けはあなたに警告します。
初めてレーザー脱毛を受けるとき、およそ30分のカウンセリングがあります。
その前日の夜またはその日の朝に髪を剃って、脱毛の照射日に、下院をして、しばしばカウンセリングの後脱毛を開始します。

多くの場合に、それは活動の後の日焼けの後の類似した明るい火傷国になります。
そして、皮膚は少しずつ赤くなります。
2-3時間で回復します。
わずかにいつ痛み、かゆみは複数週を続けます。
軟膏(リンデ・ロンVG)で絵を描くことが必要です。
そして、ひどいとき、すぐにあなたに意見を聞くことが通常必要です。
そして、それに照射した日にヒフの熱を降ろすためにシャワーだけをするために、入浴することを避けることは、望ましいです。
専門家によると炎症を避けるためにカードを配り続ける間、あなたが液体石鹸を使うことなく固体石鹸を使わなければならないと言われます。

価格について痛みについて